一欅庵の雪。

2018/01/27 Sat

「寒い」の言葉から始まり、「寒かった」で終わる日々

雪の降った日は、老木たちに積る雪が心配で・・・
雪かきは庵主と共に、裏庭担当が頑張ってくれました!

翌日には・・・IMG_7572-800.jpg

IMG_7573-800.jpg IMG_7576-800.jpg

翌日の天気が良かったので、屋根から枝から雪が落ちる、落ちる。
深い雪にジャンプしたくなる楽書きカエルヾ(o´∀`o)ノ

いやいや、どこに埋まってしまったか分からないご夫婦が危ない!
と、言うことで・・・

IMG_7590-800.jpgニワトリ夫妻、救助しました。

日向ぼっこ中・・・IMG_7591cut250191.jpg

ふっと、見れば・・・
冬眠中?のカエルが、「春なのっ!?」と顔を出していた

IMG_7589-800.jpg

まだまだ溶けない雪。
いつまで、残っているでしょう。
貴重な、一欅庵の雪景色でした

おまけお知らせ


1月14日 古典廻し#4-4 の様子。
新年一発目の落語会 (出演 : 春風亭正太郎 • 桂宮治 )

楽屋からお2人が飛び出てきたと思ったら、
まさかの私服がペアルックで、漫才コンビみたい。
IMG_7555-640.jpg 最高な笑い出し(´∀`*)

初天神        正太郎
善光寺の由来   宮治
~ 仲入り~
親子酒        宮治
転宅        正太郎

IMG_7560-800_20180127142655280.jpg 素敵なオマケ付きになってた

次回は、

2月18日(日)開催予定

#4-5 柳亭小痴楽 • 雷門音助 の二人会

DSp_7P5V4AAfPi-.jpg

完売御礼札止めです。キャンセル待ちの対応となっているそうです。

次々回、

古典廻し #4-6    

3月4日(日) 14時〜

DT0HQXkV4AANHVE.jpg

出演 : 春風亭一蔵 ・ 立川笑二
料金 : 予約 2,000円 / 当日 2,200円
申込 : kotenmawashi@gmail.com

予約受付中 詳細&申し込み→ 古典廻し


スポンサーサイト

2017年あけましておめでとうございます。

2017/01/03 Tue

あけましておめでとうございます。

tori.jpg

今年も一欅庵を宜しくお願い致します。

素敵な企画が色々と入ってきております。
楽しみですねぇ~。

今年は・・・更新を遅らせないように心がけます

楽書きカエルの楽しい一コマもいずれ

昨年最後ののレポート等は、近々に~。

一欅庵のニワニワニワトリ
鶏

年に1度の雛人形。

2015/02/24 Tue

先日、夜の道でばったり蛙と出会った。
その後、雨が降り…
春の匂いが増してくる。
そして、花粉もやってくる…ヽ(;´Д`)ノ

3月も近づいてきましたし、
西荻窪では、たくさん雛人形が顔を見せ始めているので
ちょっと慌てて、並べました雛人形

20150223a.jpg 20150223b.jpg

いつも並び順を忘れる五人囃子に、どちらか分からなくなる右大臣・左大臣。
古雛の出戻り三人官女は、今年も一人きり。

20150223c.jpg
 
誰だろう?と、五つの可愛い背中を見つめるビクター犬。

さて、
せまって参りました!
5日後に開催 落語企画 “古典廻し”
お越しの方は、どうぞ一欅庵の雛人形をお近くでご覧下さい。

また、西荻窪の街では 3/3(火)まで西荻雛祭を行っていますので、
一欅庵にお越しの前後には是非~
http://www.nishiogi-net.com/


“古典廻し” 4回目公演 ・ 3月1日(日)

B5bj-S9CcAEn68g.jpg 出演: 桂宮治 ・ 立川笑二 
※詳細は下記お知らせと同じ



~5回目公演のお知らせ~

4月12日(日)
B-Pqc_ACMAAwiRC.jpg

時間:      開演 14:00~ (開場 13:30) / 終演予定  16:00

出演:      春風亭正太郎 ・ 立川笑二

料金:      ご予約 2,000 円 当日 2,200 円

最新情報:   [twitter] @kotenmawashi

申込・問合せ: kotenmawashi@gmail.com

おまけ

先日、梅の花が咲いたと素敵なお知らせが届いたので、
さっそく一欅庵の梅を上から下まで見たけれど…
遅咲きの我が家の梅は、まだまだ蕾をグッと閉じたまま。。。

20150223d.jpg は~るよ来い


2015年・初雪。

2015/01/30 Fri

2015年…新年の挨拶もなしに
気づけば、1月が終わろうとしている。。。

春の温かさに胸弾ませたら、急に寒く…雪になるとは
まぁ、雪のしんしんと降る光景を眺めているのは好きなので、
楽書きカエルは、別の意味で心弾ませました

2015年の一欅庵・初雪景色

20150130g.jpg 

20150130j.jpg 20150130h.jpg

ふわふわ雪帽子を被る木々の格好は愛らしい。

全体的に積雪は少なく、真っ白とはならず。
去年は真っ白で、綺麗だったなぁ…と振りカエル
(過去の雪景色の様子は 2013/01 & 2014/02 をご覧下さい。)

今年も、のんびりマイペースな更新になるかと思いますが…
昨年に続く、落語企画「古典廻し」の他、
色々な企画などのお話が入ってきております。
どなたでも楽しめるモノに関しては、詳細分かり次第すぐにお知らせ致しますので、お楽しみに~

遅くなりましたが、今年もよろしくお願いいたします。

おまけ 

20150130a.jpg ん?みかん・・・? 

20150130b.jpg その先には・・・

20150130e.jpg あ・・・っ!!

お隣どうぞ。一緒に雪見でもいかがです? 20150130f.jpg

一欅庵の裏

2014/12/30 Tue

冬至に銭湯行って、
ゆず湯に浸かって、
ほんわか・・・
余韻に浸ってたらあっという間に
忙しない年末。

2014年も色々な一欅庵をご覧頂きましたが
今回は、
なかなかお見せ出来ない姿をちょこっと紹介。

一欅庵の裏の顔 ura.jpg
(※現在、写真の様な建物の裏の姿を見ることは出来ません。)

まずは、
玄関上がって左手。 025a.jpg
1年を通しても、外していることが多いですが、
この場所の畳と廊下の間には本来、襖がはまります。

冬には寒さ対策にもなるので、よくはめます。
しかし、閉め切った姿を見る機会は少ないかも。。。

実は、襖を両側閉めると…
こんなにも色が違うんですっ!

201411fusuma.jpg
左は、元の色。
右は、日に焼けて時が経った為に変化した色。
襖をはめていても、片側に寄せていることが多いので、
下になる襖は日に焼けることなく、元の姿を残しているのです。

朝と夕方…夏と冬…色んな見方で想像膨らますも一興

ちなみに、玄関を上がって右手側にも元々は襖がありました。
お次はその、今は無き襖の先
子供部屋。
出入り口の襖を閉めて、部屋から見ると…201411child1.jpg
可愛らしい襖紙の世界がドーンと広がる。

なぜ、両側襖扉かと言うと。。。
201411child2.jpg 
左側を、
出入り口の扉かと思って開けると…実は収納スペースが!
奥行きはあまりないですが、
どんなスペースも無駄なく造られています。

そして最後は、
夜に見せる景色。
20141204n2a.jpg

実際にお見せすることはできませんが、楽書きカエルの好きな姿です
ずっと見てても飽きません。

20141204n4a.jpg 20141204n6a.jpg
旅館っぽい姿に癒される。
あぁ~温泉入りたいっ!

いかがでしたでしょうか。
「へぇ~」と思って楽しんで頂けましたら、嬉しいです

また、来年もマイペースではありますが
一欅庵の情報や、日常などをUPしていきますので
ゆる~くお付き合い下さい。

良いお年を。。。

プロフィール

楽書きカエル

Author:楽書きカエル
一欅庵で悠々閑々と過ごすカエル
色んな『楽』を書きます。

一欅庵(いっきょあん)

昭和8年築
洋間付き和風住宅(登録有形文化財)

mail: ikkyo_an@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR