落語会‘古典廻し’#3レポート

2014/12/26 Fri

クリスマスも過ぎると
すぐに年末モードに切り替わる。。。

その前に、
12月21日(日) に行われました落語会

3回目の‘古典廻し’のレポート を少々。

とても天気が良く
昼間の日差しは暖房いらずなほど暖かい。
開場するや、続々と… 20141221koten3-2.jpg
皆さん開演まで、ポカポカ日向ぼっこ。

20141221koten3-3.jpg 出演: 春風亭正太郎さん ・ 桂宮治さん  

演目
狸さい (宮治さん)

夢金  (正太郎さん)

時そば (正太郎さん)

七段目 (宮治さん)

眩しい程の陽射しに合った明るい笑い声が広がる… 20141221koten3-1.jpg
仲入り後、
陽も傾いてきて、夕焼け色の光が差し込み始めると
雰囲気がガラッと変わって
お2人の音色の違う声が、心地良い笑いを誘う。

自然と一体の建物の為、
時間による雰囲気の変化も楽しめるのだが、
それによって、噺から想像する世界に深みが出てくるのがまた面白い

20141221koten3-4.jpg
終演後、暗くなり始めると
火が見えるだけでも、ほっこり温かく感じる。

はぁ~…
正太郎さんの「時そば」に負けた。
公演後、お蕎麦を食べに行ったのは言うまでもない

‘古典廻し’年内の公演は終了いたしました。
お越し下さいまして、ありがとうございました。

次の公演は3月となります。
年を越えて、素敵な笑いの時間をご一緒いたしましょう。

おまけ

次回 (3月1日(日)) の予約受付は来年になるそうです。
詳しくは→   [twitter] @kotenmawashi



B5bj-S9CcAEn68g.jpg 出演: 桂宮治 ・ 立川笑二
スポンサーサイト

和の暮らし展~冬~・レポート

2014/10/30 Thu

気持ちの良い秋晴れが続く日々。
欅が少しづつ…色づき始め、ハラハラと舞い始めてくる姿を見て
秋を実感する

2月(春)・5月(夏)・7月(秋)と四季をテーマに行われてきた企画
 「和の暮らし展」の“冬(冬を楽しむ 冬を包む)”が先日行われました。

24・25日と2日間とも天気に恵まれ、素敵な着物姿の方も多くいらっしゃいました。

201410raku-fuyu4.jpg 1階の座敷では。。。

11:30~ “着付けの会”今回は、年末年始に出番の多そうな袋帯の結び方いろいろ

14:00~ “落雁と季節の会”ワークショップ 
201410raku-fuyu3.jpg 瓢箪・雪の結晶・雪うさぎの型で作る落雁
味は、柚、ココア、プレーンと冬の味。 

皆さん、黙々と。夢中になるとおしゃべりも忘れてしまうものですよね。

休憩挟んで、お茶室にて落雁とお抹茶を一服。
201410raku-fuyu8.jpg 201410raku-fuyu9.jpg

お隣の座敷では、

うずまき堂さん “3種のバスボム”作りのワークショップ
201410raku-fuyu1.jpg ローズ、カモミールオレンジ、ローズマリーの3種類
シュワシュワ~…ハーブの効果と香りで癒されるバスタイムを想像しながら
皆さん練り練り。お部屋が良い香りに包まれる。。。
 
色々な種類の石けんもずらりと並ぶ癒しの空間。201410raku-fuyu5.jpg

応接室では、

201410raku-fuyu15.jpg 201410raku-fuyu16.jpg
201410raku-fuyu17.jpg

和キッチュさん のカラフルで楽しい半衿や帯留などが並ぶ 201410raku-fuyu18.jpg
今回はサシェもあり、こちらも癒され空間に…羊の刺繍の愛らしさににっこり。

ガラス作家 一條朋子さん 201410raku-fuyu20.jpg
可愛い雪ん子の「振出し」は落雁と季節の会で登場。
天使や雪だるま・もみの木や、松・梅などこれからピッタリの帯留や小物がキラキラと。
このキラキラ輝く様につい、手が伸びる。。。

2階では、

201410raku-fuyu12.jpg 201410raku-fuyu11.jpg mekuの石川さん
ステーショナリーや柄足袋の他、
素敵に描かれた個性溢れる帯を見ていると、オリジナルが欲しくなってくる。
柄足袋と同柄鞄のセットも魅力的。

お隣は、
洒落水引さん  201410raku-fuyu13.jpg 

201410raku-fuyu22.jpg 帯留や髪飾り、ピアスなど
リース・しめ飾りなどもあったのですが、写真撮り忘れました
大きくボリュームある物でも軽いし、色も幅広く楽しめるのは魅力的ですね。
洒落水引さんが作品を提供されている書籍も見入ってしまう程、充実した1冊。

奥の座敷では、

野庵さん・つまみ細工 姫コさん

201410raku-fuyu14.jpg 201410raku-fuyu23.jpg 201410raku-fuyu24.jpg

野庵さんのところでは、皆さん真剣に着物や帯や・・・探す、探す。。。
暑さで夏に着物が苦手な方も、これからは存分に楽しめる季節。
たくさんある中からお気に入りが見つかると、わくわくしますね

姫コさんのつまみ細工“高天原の花シリーズ・冬”
冬の神様をイメージして、1年の締めくくり。
華やかさに目を奪われる。。。

春夏秋冬と1年四季を通して行われ、多くの方に足を運んで頂きました。
有難うございました。

冬の寒さ、夏の暑さ…やっぱり春と秋は心地よく。
四季を通して
自然と共に変化する一欅庵の姿も楽しみの一つになっていたのなら嬉しく思います

おまけ

賑やかな雰囲気につられたのか・・・

こんなお客様が縁側から入っていらっしゃいました。

色が色だけに気づきませんで

申し訳ないが。。。

お帰り頂いた。。。

201410raku-fuyu25.jpg ごめんよ、カマキリ。









和の暮らし展・秋レポート

2014/08/11 Mon

台風・・・

木々を揺らす風・・・
左右に振られる枝葉のシルエット。

雨風の音をずっと耳にしていると、
何故だか、又三郎が頭から離れなくなる・・・

どっどど どどーど どどーど どどう。。。

映画のオープニングは、結構素敵な音楽だったなぁ・・・
なんて色々なことを思い出しては、外に耳を傾けて音を味わう楽書きカエル

レポートがまとまってしまいましたが、
和の暮らし展「夏編」に続きまして、
先月に行われました「秋編」のレポートを致しましょう。
※ 雰囲気のみのレポートとなりますので、詳しくは下記のURL「落雁と季節の会」をご覧下さい。

7月25日(金)・26日(土)

和の暮らし展~秋を喜ぶ、秋を拾う~


季節の先取りで、テーマは「秋」

一欅庵の中で、唯一エアコンの付いている応接室。
天気には恵まれましたが、暑さからは逃れられません。
とりあえず、皆さんまずは応接室でクールダウンッ!20140725-14.jpg

和キッチュさん の手刺繍半衿やレジンの帯留めなどカラフルな和小物がずらり。
迷っていたら、その間にお嫁に行ってしまった…なんてこともあるので1点ものは気をつけないと。
一目ぼれを信じてっ。。。
20140725-4.jpg 20140725-3.jpg

同じ応接室にて、アトリエNOBUさん の彫金作品がキラキラと。
実演されながら、お客様のリクエストに答えて作り変えてもくれるので
オリジナルをすぐ手に出来るのは、良いですね。
20140725-5.jpg 20140725-6.jpg

1階座敷では、
野庵 さん企画、着付けの会(帯結びのワークショップ)
今一度、綺麗に名古屋帯のお太鼓結びを。。。

午後からは、落雁のワークショップ
20140725-1.jpg 十五夜、重陽の節句を一足早く。
菊やきのこなどの型で作る落雁は、菊・栗・芋の味。
一つの型に、2種類の味を合わせてみたり20140725-2.jpg 
組み合わせで見た目も味も色々出来ると、たくさん作りたくなってしまいますね。

お隣では、うずまき堂さんのワークショップ 「花のエキスで作る万能クリームと美肌水」

楽書きカエルもマゼマゼ…作らせて頂きましたが、簡単で夏でもさっぱり使える感じが嬉しいです。
そして、美味しそうな石けん達も並ぶ。
20140725-7.jpg 20140725-8.jpg

2階へ行くと…

mekuさん が作り出す、
20140725-9.jpg 手描きの柄足袋・ステーショナリー
色んな印象を受け、想像が膨らむ色柄は、その日の気分や相手に合わせて使いたくなる。
喜ぶ顔を思い浮かべて…贈り物にも素敵ですね。

並んでお隣では、鈴木陽子さん の陶芸作品 20140725-10.jpg
何を乗せようか、何を入れようか…見た目も楽しむ食事がしたくなる。
爽やかな白さは、見ているだけで夏の暑さを忘れさせてくれる。

20140725-11.jpg 洒落水引さん は、水引の帯留・髪飾り
ピアスは両面使えるもので、後ろ姿も見てもらいたくなる。
存在感がある大きさでも、軽いから魅力的。気軽に取り入れて、アピールしたくなるものばかり♪

着物と四季の和小物を扱う 野庵さん
20140725-13.jpg 20140725-12.jpg
               同じスペースの床の間には、つまみ細工の姫コさん

着物の他に、足袋や、草履、団扇やお茶まで盛りだくさんに並ぶ。
季節を先取りですが、夏物もあったので今着たい!と思ったりして、選ぶ楽しみが広がりますね。

つまみ細工の新作は「高天原の花」 穀物の女神さまをイメージされたそうです。
秋色に染まる姫コさんの世界。
吹き抜ける風は…暑さMAXですみません

ワークショップを次々参加し、1日満喫されている方もいらっしゃいました。
基本エアコンの無い一欅庵の夏は、自然の風と扇風機で乗り越えるしかない為
冷えたレモン水で暑さ対策。
皆様、大丈夫でしたでしょうか…

建物を維持するのが目的なのに、変にエアコンを付けたくない。
でも、昔と夏の暑さが違いますし…現代に合わせようとすると、色々悩みます。

さて、和の暮らし展。
次は10/24・25に「冬編」が行われる予定です。

主催は、「落雁と季節の会」さんですので
これまでの作家さん達や、ワークショップの予約、次回の予定など
詳細はこちら→
 http://sukiraku.exblog.jp/

おまけ

今回も、カエルみぃ~つけたっ!
20140726-1.jpg お洒落なバッグにさりげなく…

彫金のNOBUさん作 20140726-2.jpg 家族みたい(´▽`*)

和の暮らし展・夏レポート

2014/08/10 Sun

蝉の声が夏を盛り上げる…
そんな中、
うぐいすの綺麗な鳴き声もまだ耳にする。。。
季節感がおかしくなるなぁ f(´-`;)

さて、
季節を遡って、5月に行われましたイベントのレポートを少々。

5月23日(金)・24日(土)

和の暮らし展~夏を寄せる~

2月に「春」をテーマに行われましたイベントの「夏編」

1階では、まずは帯結びのワークショップ
今回は半幅帯。
半幅帯は、簡単でしかも色んなアレンジが出来るところが面白い。

そして、お昼過ぎてからは…落雁のワークショップ
朝顔や蛙など夏の神様を表した型を使って20140523-1.jpg
レモン・青じそ・ココナッツ味の落雁を作ります。
20140523-2.jpg 皆さん、黙々と落雁を作られて…凄い集中。 

最後には茶室で一服。20140523-5.jpg
参加をされている作家さん達の物を使っているので、作品を直に味わえるのも嬉しいですね

お隣では、和キッチュの可愛らしい和小物が並ぶ。
20140523-4.jpg 20140523-3.jpg
涼しげに演出された空間で見る小物達は、夏が待ち遠しく思えるものばかり。

2階では…
ガラス作家・一条朋子さん20140523-6.jpg 20140523-7.jpg
ガラスの器やアクセサリーなどが並び、綺麗に輝く姿を目の前にすると、つい手に取ってみたくなる。

20140523-8.jpg 20140523-9.jpg 和のせっけん・うずまき堂さん
金魚がいたり、スイカがあったり、見ているだけでも楽しい夏一色♪そして、色々な香りに癒される。

着物&季節の和小物・野庵さん20140523-11.jpg
 
夏物の着物や帯などがたくさん並ぶ。20140523-10.jpg
皆さんと一緒に色々探して見ていると、アッと言う間に時間が経ってしまう…(´-ω-`;)ゞ

20140523-12.jpg つまみ細工・姫コさん新作「高天原の花・夏」
つまみ細工をじっくりと味わえる機会、ファンの方も多くいらっしゃっていました。

皆さん、作家さん達ともいっぱいお話されて
ゆっくりと一つ一つを堪能されたことと思います。

夏を先取りした次は…
季節の先取りで、7月に行われました「秋編」のレポートを致します。

おまけ

カエルみぃ~つけたっ!
20140524-2.jpg 20140524-1.jpg
カラフルなカエルクリップは、ちょっと美味しそうにも見えてしまう
帯にちょこんと潜んで…こんなところにもっ!可愛い

語りと音楽の会・レポート

2014/07/05 Sat

2014rain.jpg 青葉雨。。。

草木を弾く雨音に耳を傾けながら…
先週の6月29日(日)に行われた

語りと音楽の会 ともだちや の公演レポートを 

20140629tomo3.jpg 
 
はじめに、たにかずこさんによる朗読

「漂流」 (小泉八雲)20140629tomo5.jpg
語られる声に耳を傾け、どんどんと頭に浮かぶ世界に入り込んで行く…
聞きおわって、「ふぅ…」と一息。
実話が元になっていると思うと、考えさせられる。

次へ進む前に…
20140629tomo10.jpg 20140629tomo1.jpg
続くお話にちなんだお菓子とお茶で、小休憩

ヴァイオリンとオルガンの音色と一緒に語られるのは、「シュークリーム」 (三浦哲郎)

20140629tomo4.jpg 20140629tomo2.jpg

オルガン:有留真理さん / ヴァイオリン:田中李々さん

20140629tomo6.jpg

20140629tomo7.jpg

20140629tomo8.jpg

オルガンとヴァイオリンが奏でる音楽は、作曲家の小内將人さんのオリジナル。
語られる話は音楽に包み込まれ、より一層味わい深くなる。
そして、音にどこか懐かしさを覚えるのは楽書きカエルだけだろうか…

途中、あいにくのゲリラ豪雨に悩まされた場面もありましたが、20140629tomo9.jpg
雨上がりの匂いに澄んだ空気が、余韻に浸るに心地よい雰囲気を作り出してくれていた

素敵なひとときでした
足を運んで下さいました皆様、有難うございました。

おまけ

お知らせ
a0254466_10291240.jpg 7月25日(金)・26日(土) 和の暮らし展~秋を喜ぶ 秋を拾う~
ワークショップや
作家さん達の和小物と出合える賑やかな企画です。
今回は、2月の春・5月の夏に続く3回目で「秋」を先どり。
この2日間は、ご自由にお入り頂けます。

一欅庵の主催ではありませんので
  詳細・お問い合わせ等はこちらをご覧下さい→ http://sukiraku.exblog.jp/

プロフィール

楽書きカエル

Author:楽書きカエル
一欅庵で悠々閑々と過ごすカエル
色んな『楽』を書きます。

一欅庵(いっきょあん)

昭和8年築
洋間付き和風住宅(登録有形文化財)

mail: ikkyo_an@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR