耐震診断・レポート

2013/08/26 Mon

近頃、雨が降ったり、止んだり…

しかし、この日は天気に恵まれた

24日(土) 一欅庵にとって重要な耐震診断を行って頂きました。

その時の様子を少し…

一欅庵の様な古民家は、
地震の時に揺れはしますが、揺れることで上手く力を逃がす
免震的な構造の建物です。

3.11の地震では、力をを吸収した土壁が崩れたりはしましたが、
建物の構造の被害はありませんでした。

行いましたのは「早稲田式動的耐震診断」と言う診断法。

人体では感じることの出来ない
普段からある微かな振動を用いて診断をし、
その結果に基づき補強方法をみつける。。。簡単に言うと、このような診断です。

詳しくはこちらを… http://www.doutekitaishin.com/taishin
(伝統構法耐震評価機構)

「早稲田式動的耐震性能診断士」の資格者の元、測定をして頂きました。

全国から技術者の皆さんがいらっしゃいました。
20130824-2.jpg


20130824-7.jpg 建物近くの地盤面(玄関前)

20130824-1.jpg 建物中央部の2階。 

この2ヶ所に地震計を設置し、数分間の振動を測定。 20130824-4.jpg

データ収集をして解析を行う…と言う流れです。

地震計は小型ですし、診断時間も1時間程度くらいなので
とても、手軽な感じです。


結果はまだですが。。。良好そうで少し「ホッ」としております

専門的な知識など、全く持っておりません楽書カエルですが…
診断方法について詳しく、丁寧に説明して頂きながら測定に立ち合い
地震の揺れと建物のしくみや理解、見方などについての視野が広くなりました。

また、
伝統構法の素晴らしさ、宮大工の技術など、改めて深く関心させられます。

これからも広く
古民家を残したいと考えている方々の「一歩」に繋がれば良いな…
と、同じ想いを持つ一欅庵は思っています。


おまけ

一欅庵の施主(庵主の祖父)は自らが、関東大震災を経験したことで
地震の恐ろしさを知り、「地震には強い家にして欲しい」と宮大工に言い建てさせた。
と庵主は良く聞かされていたそうです。

一欅庵の原点と言える出来事ではないでしょうか。。。
震災が起こった‘9月1日’を振り返りまして
『夏の終わりに…』と題しました無料公開(8/31・9/1)にて
関東大震災に関連したモノを少し展示することにしました


スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

楽書きカエル

Author:楽書きカエル
一欅庵で悠々閑々と過ごすカエル
色んな『楽』を書きます。

一欅庵(いっきょあん)

昭和8年築
洋間付き和風住宅(登録有形文化財)

mail: ikkyo_an@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR