スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年4&5月お知らせ

2017/04/01 Sat

桜が咲き始めいつ花見に行こうと思っていれば・・・
冬の寒さに震える楽書カエル
あぁ~まだコタツから出られない。

アッと言う間に4月になってしまい、
お知らせの更新も遅くなってしまいましたヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3
すみません


西荻窪落語会 古典廻し




#3-7  4月16日(日) 14時~

201704.jpg

出演 : 桂伸三 ・ 立川笑二

料金 : 予約 2,000円 / 当日 2,200円

申込 : kotenmawashi@gmail.com

※ まだ空きあります。




#3-8  5月14日(日)14時~

201705.jpg

出演 : 柳亭小痴楽 ・ 桂宮治

詳細は上記(#3-7)同様

※ 完売御礼。札止めです。

5月の公演で第3弾終了です。
今後の「古典廻し(古典落語)&古典廻さず(新作落語)」は
twitter @古典廻しをチェック!




語りと音楽の会 ともだちや 2017

無題

5〜6月 都内4ヶ所&鎌倉にて巡回する公演で

一欅庵はその内の1ヶ所となります。

『耳で聞くテレビドラマの会~其の三~』

日時 : 5/21(日) 開演 14:00 (開場 13:30~)

料金 : ¥2500 (定員40)

演目 :  青木玉/ 「愛」

      向田邦子/「だらだら坂」

お問い合わせ : 090-9972-0474

詳細はtwitter : @ともだちや


おまけ

2017.3.12 古典廻し#3-6 レポート

201703-2.jpg
ポカポカ陽気の午後は眠たくなってしまう時間だけど・・・201703-3.jpg
眠気吹き飛ぶっ!
笑い飛び交うっ!
パワーあふれるお2人の公演でした。

こはるさんや一蔵さんのパワフルさに、
裏を知ってる楽書カエルにとっては、高座が壊れるのではないかとハラハラドキドキ(゚△゚;ノ)ノ笑)

そして、次の公演の為に途中でお帰りになった一蔵さん。
一欅庵の廊下は歩くと多少なりとも音がするのに・・・
音もさせずに玄関へっ!忍者発見!!

〈演目〉
道灌   こはる 201703-1.jpg
竹の水仙  一蔵
~仲入り~
猫の皿   一蔵 
大工調べ  こはる 

落語会~春~

2017/03/12 Sun

春だぁ・・・と感じるのが、
くしゃみ連発、花粉症の症状に悩まされて。
と、言うのも悲しい。゚(゚´Д`゚)゚。

本日、3月12日(日)落語会「古典廻し」#3-6
おかげさまで、予約席完売。
天気も良く
嬉しい限りです。
皆様のお越しをお待ちしております。

次回#3-7の回は・・・


C5zSRFzUYAAGYYV.jpg

4月16日(日) 14時~(会場:13時半~)

出演 : 桂伸三 ・ 立川笑二

料金 : 予約 2,000円 / 当日 2,200円

申込 : kotenmawashi@gmail.com

詳細に関しては、古典廻し @kotenmawashi

予約開始しております。




ちなみに前回(3月12日(日))の#3-5の古典廻しは・・・
P_20170219_130833.jpg
庭の梅を眺めながら・・・ワクワクして待ち。

はじまったっ!
と同時に、楽しそうなお2人にどんどん引き込まれ、
笑いが止まらない。

P_20170219_162206.jpg 筆は正太郎さん。
演目 
虱(しらみ)茶屋 こみち
茶の湯     正太郎
引越しの夢  正太郎 
火事息子   こみち

春らしい暖かい笑いに・・・
いや、熱い笑いに包まれた一時でした

その後の建物見学。
見学者だけが楽しめる2階の楽しみを~。
P_20170219_125647.jpg
2階から眺める梅は、下から見上げるよりも愛らしい。
1階の天井が高いので、2階からの眺めがまた一興。

P_20170219_125937.jpg
一欅庵の施主の歴史の詰まった?部屋『書斎』
お見せする展示物は、気分でたまーに変わります

最後に・・・P_20170219_130609.jpg
楽屋になってた茶室も見れる!

季節で室礼も変わりますので、何度でも楽しんで下さい。

おまけ

P_20170219_163407.jpg

まったり、公演前を満喫していたら・・・

ウロウロしてるの見つかって、またも「かくれんぼ」 P_20170219_131420.jpg
と、思ったら・・・
主催者さんに、見つかったっ!


2017年3月催しのお知らせ

2017/02/15 Wed

色んなところで満開に咲いている梅を見ては
春の訪れをしみじみ・・・

一欅庵の老梅は、まだまだ蕾をぎゅっととじたまま。
「寒いもんねー」と、つい声かけ眺める楽書きカエルの手も
ぎゅっ!とこぶしをつくったまま・・・

3月の催しの頃には、綺麗に咲いているかなぁ・・・


中国茶・台湾茶を楽しむ・知る・茶会 『楽知茶祭』

1487135235928.jpg

3月4日(土) 11:00~17:00

・ 二胡&極上中国茶&台湾茶を味わう

・ 評茶(六大分類)

・ 評茶(台湾紅茶)

・ 台湾紅茶(紅玉)作り

・ 茶則(茶荷)作り

・ 茶席

・ 販売

※ 販売以外は全て予約制

イベント内容の詳細・予約申し込みは下記をご覧ください。

HP http://chineseteasalon-xingfu.com/info/1384744

FB https://www.facebook.com/events/1711788205800938/




常磐津 / 素浄瑠璃の会

IMG_0145.jpg

日時: 3月5日(日) 開演14時半~ (会場は14時より)

出演: 浄瑠璃/常磐津松希太夫 ・ 三味線/岸澤式松

演目: 一、積恋雪関扉・生酔
   
     一、勢獅子劇場花籠

入場料: 2500円

ご予約 ・ 詳細お問合せ

mail:  sujoururi@yahoo.co.jp

常磐津 素浄瑠璃の会 / twitter

予約受付中です!!
皆様のお越しをお待ちしております

おまけ

昨年末に植木屋さんに取ってもらいました。
P_20161228_120502.jpg こんな巣が出来てたなんてっ!!
よく見てると、関心はする出来栄え。
蜂すごい・・・けど・・・。

落語会の楽しみ方

2017/02/02 Thu

北風とか、寒すぎて
冬眠したい勢いです(。-_-。)

さて、前回で20回目となりました落語会「古典廻し」。

楽書きカエルが
一欅庵ならではの楽しみ方をごあ~んないっ。

会場は1階の座敷。
P_20170129_130411.jpg
椅子席と座布団席をご用意しています。

椅子席はこんな感じ。少しずつ高さが違います。P_20170129_130822.jpg

前の2列はだいたい座布団席になっていますが、この距離分かりますかっ!
P_20170129_130426.jpg P_20170129_130454.jpg
独り占めしているのではないかと思うくらいの、かなりのかぶり付き
楽書きカエルもこの距離で楽しんだことありますが、迫力がすごい!すごい!
足は崩して楽しみましょう~

天気が良いと、窓際がポカポカ気持ち良い
P_20170129_130724.jpg 
開演前に、仲入りの時に・・・ちょっと日向ぼっこ。
(「天日干し」とツッコミを入れられたけど・・・ひなたぼっこです

玄関横の応接室は、休憩室として。P_20170129_164032.jpg
開演前の待ちや、仲入りの時間に・・・
お茶を飲んで、ちょこっと一息(´▽`) ホッ。
雑誌も置いているので、帰り際にどこへ行こうか~とか、
西荻窪散策の参考に、古民家探しに~どうぞ、ご覧下さい。

終演後、希望者さんには一欅庵の建物見学タイム(庵主の案内付)
ぐるっと回っているうちに、いつの間にか置かれる演目はレア!?
P_20170129_161547_1.jpg

建物見学ラストは・・・
だいたい落語家さんの控室に使われていた茶室をのぞく。800-503.jpg
残り香も楽しめる~?!なんて言うのも、一興。(´∀`*)

のんびり、まったり、楽しんで下さい。
これからも、皆さんのお越しをお待ちしておりまーす。

余談ですが・・・
モデルの楽書きカエル達は、公演中にかくれんぼしてました。 

頭隠して尻隠さず(笑 P_20170129_161647_LL.jpg

※ 落語会は一欅庵の主催ではありませんので、

   申し込み、詳細に関しては、古典廻し@kotenmawashi さんへ~。

おまけお知らせ

古典廻し#3-5 / #3-6 予約受付してます。

2017年2月19日(日) 14時~
201702.jpg



2017年3月12日(日) 14時~
古典廻しチラシ#3-6

料金 : 予約 2,000円 / 当日 2,200円
申込 : kotenmawashi@gmail.com

2017落語会 2月お知らせ

2017/01/31 Tue

寒い寒いと、こたつで亀になってばかりと思えば、
突然、暖かくなったり・・・
気分屋な気候に振り回される。

更新、遅れまして

1月29日(日)に新作落語の「古典廻さず」公演がありました。

出演は、柳亭こみちさん・三遊亭粋歌さん

P1270805.jpg P_20170129_132844.jpg

演目
昇とこみちとセガレと死神  こみち
保母さんの逆襲        粋歌
おじいせん           粋歌
鉄火のお千代         こみち
P_20170129_161108.jpg 筆は粋歌さん

楽屋では女性ならではの熱いトークが繰り広げられていたとか。
その流れで、熱演なお2人に・・・笑って・・・ポカポカ
外も、日差しが暖かくて・・・ポカポカ
温かい一時でした

次回、2月は古典落語に戻って「古典廻し」



古典廻し#3-5

2017年2月19日(日)14時〜

201702.jpg

出演 : 柳亭こみち ・ 春風亭正太郎

料金 : 予約 2,000円 / 当日 2,200円

申込:kotenmawashi@gmail.com

おまけ

高座後ろの床の室礼は・・・
P1270809.jpg P1270810.jpg
酉年、1月にかけて、
軸は「探梅」 (鶏と一緒に?梅を探す絵)
その下には、鶏の香炉
そして並びに、梅絵柄のお皿。
ふっと気づいて楽しんでもらえれば、それでいいんです

この流れで・・・
レポートしてなかった昨年12月の古典廻し(2016.12.25 #3-4)の様子もちょこっと。

ちょうどクリスマスだったので、
庵主の子供の頃に飾っていたツリーの飾りを出してみた。
レトロ感が・・・だってモール製のサンタが子供には怖いでしょ(笑)
P_20161225_133210.jpg P_20161225_135038.jpg

一欅庵サンタからは、一口プレゼント。P_20161225_135115.jpg

P_20161225_160647.jpg サンタが見守る演目は・・・
附子 ・ こみち / 壺算 ・ 宮治 / 初天神 ・ 宮治 / 鰍沢 ・ こみち

昨年のレポート更新が追い付かなかった分は、
これからも、ちょいちょい挟んで参りますっ

プロフィール

楽書きカエル

Author:楽書きカエル
一欅庵で悠々閑々と過ごすカエル
色んな『楽』を書きます。

一欅庵(いっきょあん)

昭和8年築
洋間付き和風住宅(登録有形文化財)

mail: ikkyo_an@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。